資金があれば成功できる

審査を通過するための工夫

どんな仕事をするのか

怪しげな人に、金融機関は資金を融資してくれません。
信頼されるために、資金を何に使うのか具体的に説明してください。
仕事内容を伝えれば、信頼できると相手が判断してくれるはずです。
資金を得たら、オフィスを借りたい、備品を揃えたいなどの使い道を書類に記載しても良いと思います。
具体的に書くことがコツですが、読みにくくならないように注意しましょう。

たくさん文章を羅列していると、読みにくいと相手が感じてしまいます。
それではこちらの意図が、相手に通じません。
簡潔にまとめることも意識してください。
うまくまとめれば短い文章でも、相手に内容が伝わります。
金融機関に提出する書類が完成したら、誰かに読んでもらうのも良いですね。

返済の計画も考えておこう

無計画で資金を借りても、返済が滞ってしまいます。
利子がついてどんどん借金が大きくなるので、返済するための計画書も考えておきましょう。
それを金融機関に見せることで、信頼性が高まります。
計画書通りに返済すれば、スムーズに返済できると思います。
1回でも返済が滞ると、社会的な信頼を失ってしまいます。

借金を返済できなかったという事実が他の金融機関にも広まって、どこでも資金を借りられなくなってしまうかもいれません。
会社を経営している時は、様々な用途で資金を借りることがあります。
金融機関には、これからもお世話になると思ってください。
ずっと良好な関係を維持するためには、借りた資金を期限内にしっかり返すことが基本です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ